日本資本主義の父

渋沢栄一ゆかりの地をめぐる  新設 野外

講座コード:
202104-01351495

2021年4月16日 更新

講師名

東京シティガイド 歴史ライター 近藤 圭二

内 容
講座写真1
講座写真2

 2021年のNHK大河ドラマの主人公であり、2024年には1万円札の顔になる予定の渋沢栄一。渋沢栄一は、現在の埼玉県の農家に生まれて攘夷思想を抱きますが、曲折あって、後に、最期の将軍になる徳川慶喜に仕えます。その後、ヨーロッパに渡ったことで、先進諸国の事情に精通するようになりました。明治時代になってからは、約500もの企業の設立に関わったことで、「日本資本主義の父」と称えられるようになり、91歳という長命で、波乱の生涯の幕を閉じました。
 東京都内の渋沢栄一ゆかりの地を、6回に分けてめぐります。ご参加いただくことで、渋沢栄一の生涯を辿るだけではなく、江戸時代から明治時代への激変の様子、加えて、明治時代になってからの日本が、欧米諸国に追いつこうと奮闘した様子が浮き彫りになってくるのではないでしょうか。

日 時

第2 木曜日  13:30~16:00

4/8、5/13、6/10、7/8、8/12、9/9

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 22,440円(うち消費税額2,040円)

維持費

1,320円

教材費
教材費200
1,320円
テーマ

・4/8  実業家としての出発点と渋沢栄一像
・5/13  渋沢栄一とゆかりの実業家たちの足跡
・6/10  渋沢栄一の理想の街 田園調布散策
・7/8   渋沢栄一ゆかりの七社神社と旧古河庭園
・8/12 社会事業家としての渋沢栄一を学ぶ     
・9/9  渋沢栄一が愛した王子散策と大河ドラマ館      

保険料

600円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

現地集散です。解散の時間はおおよその目安です。
交通費、入館料、食事代などは各自ご負担ください。

初回持参品

飲み物、筆記用具、雨具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。