経済ニュースが楽しくなる

数字やグラフで分かる日本経済(金)※10/2事前体験  新設

講座コード:
202010-01835671

2020年9月18日 更新

講師名

元二松学舎大学キャリアセンター特命教授、元日本銀行調査統計局企画役 大野 修一

内 容

 今後の社会はグローバル化やデジタル化などのほか、コロナ禍も加わり、先行きの見通しが一段と不確実になりました。その中で、経済関係の数字やグラフを正確に理解し、主体的な行動をとることが、自分のライフデザインの実現のためにも重要となります。
 本講座では、日本銀行で景気・経営分析に携わった講師が、経済に関する数字や用語を分かりやすく解説し、経済ニュースを楽しく理解できることを目指します。皆様からの活発な質問や発言を歓迎します。
 【講師略歴】日本銀行では、日本経済全体や地域経済の分析のほか、金融機関の経営実態の把握等を長く担当する一方、経済団体や大学で講演。二松学舎大学では「キャリア教育」の講義や進路指導に取り組んできた。共著「高校生のための経営学入門」では、銀行業の現状と課題についても平易に解説している。 

日 時

第1・3・5 金曜日 13:10~14:40

10/2、10/16、10/30、11/6、11/20、12/4、12/19

ホームページからのお申し込みは、受講日の1日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 7回 19,250円(うち消費税額1,750円)

設備費

1,155円

テーマ

景気の現状(コロナ禍の前と後) 令和の課題(平成で積み残したもの等)
日本の国柄(人口、エネルギー等) マクロ指標の見方(GDP、日銀短観等)
ミクロ指標の見方(消費、設備投資等) 金融指標の見方(株価、マネタリーベース等)
地域経済の見方   ※テーマは変更する場合もあります。

途中受講

できます

見 学

できます (20分以内無料)

体 験

できます 体験料 2,915円(うち消費税額265円)

ご案内

資料コピー代=当日、講師にお支払いください。
※事前体験会10月2日(金)13:10~14:40 2,915円 資料コピー代別
※定期講座は10月16日(金)から3か月7回 受講料16,500円、設備費990円、資料コピー代別

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。