あの感動がよみがえる!ラグビーW杯を語りつくそう  公開

講座コード:
202007-18110007

2020年7月8日 更新

講師名

ラグビー解説者 村上 晃一

ラグビーダイナー「ノーサイドクラブ」オーナー 竹内 方和

内 容
講座写真1
講座写真2

 昨年、大変な盛り上がりを見せたラグビーW杯。「ラグビーロス」だという声にお応えして、テレビなどでもおなじみラグビー解説者の村上晃一さんと、都内で唯一のラグビーバーを経営する竹内方和さんをお迎えし、対談でラグビーW杯を振り返ります。W杯当時の読売新聞や迫力ある報道写真などもご紹介しながら、あの時の盛り上がりを語り合いましょう。講師陣が今後注目すべきラグビーの試合や選手の活躍もご紹介します。(読売新聞社協力)

【講師略歴】村上晃一
ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。JSPORTSのラグビー解説も98年より継続中。99年~2019年まで6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に、「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)などがある。

【講師略歴】竹内方和
1975年宮崎県生まれ。土浦日大高校ラグビー部。ポジションはフッカー。大学時代にHip Hopに深く傾倒し、Rap/DJ活動をスタートすることでラグビーから音楽の道へとシフトチェンジ。2004年Hip Hop系音楽レーベル「リバイアスミュージック」を設立。10年にはバンクーバー五輪のフィギュアスケート男子日本代表高橋大輔選手へエキシビジョンプログラムソングを提供。11年都内唯一のラグビー専門スポーツバー「RUGBY Dinner No Side Club」を高田馬場にオープン。

日 時

7/26 日曜日

14:30~16:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の5日前までとなります。

受講料

会員: 1回 3,300円(うち消費税額300円) 一般: 1回 3,630円(うち消費税額330円)

設備費

165円

初回持参品

筆記用具(サイン、写真撮影をご希望の方はそのご準備も)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。