海洋プラスチック汚染とは?  公開

講座コード:
202007-18016110

2020年9月3日 更新

講師名

東京大学名誉教授 蒲生 俊敬

内 容

 近年、マイクロプラスチックが、海洋汚染問題の主役として急速に浮上してきました。新聞・テレビ等でも頻繁に取り上げられています。今や地球温暖化と並び、海洋全体に関わる環境問題の最優先課題と言えるでしょう。特に我が国の周辺海域、すなわち日本海や本州南方海域におけるマイクロプラスチック存在量は、世界平均の27倍にも達するといいます。いったい何故、そんなことになっているのでしょうか?

日 時

9/26 土曜日

10:30~12:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の1日前までとなります。

受講料

会員: 1回 3,190円(うち消費税額290円) 一般: 1回 3,520円(うち消費税額320円)

設備費

165円

教材費
教材費100
110円
初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。