江戸古地図と広重で読み解く池波正太郎 

講座コード:
202004-01120001

2020年4月3日 更新

講師名

作家 壬生 篤

内 容
講座写真1
講座写真2

 作家・池波正太郎が、江戸を舞台にした時代小説を書いたとき、そこには必ず江戸の古地図(切絵図)がありました。講師の著書「『池波正太郎』を¨江戸地図で歩く¨」(誠文堂新光社)をもとに、歌川広重の浮世絵や、古地図を使った池波正太郎の作品の読み解き方、古地図の楽しさを伝えます。毎回場所を決めて紹介します。

日 時

第1 土曜日 10:30~12:00

5/2、6/6、他1日

ホームページからのお申し込みは、受講日の7日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 3回 9,240円(うち消費税額840円)

設備費

495円

テーマ

4/4:新宿
5/2:麻布・六本木
6/6:上野

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,245円(うち消費税額295円)

ご案内

テキスト「『池波正太郎』を¨江戸地図で歩く¨」(誠文堂新光社)
その他コピー代実費

初回持参品

筆記用具、テキスト

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。