耳と目と香りで楽しむ

大人の電子工作「アナログ枡ラジオ」  新設

講座コード:
201904-08490001

2019年2月17日 更新

講師名

音響工房アナログ式 今井 年春

内 容

 鉱石ラジオと同じ原理で真空管を使ったアナログラジオ(AM)を作ってみましょう。
 ラジオ工作の基礎を学びながら、木曽ヒノキの二合半枡(ます)とアクリル板を使ったアナログ式オリジナルの教材を使います。
 ラジオ内の真空管や配線等が見えるので、オブジェとしても楽しめます。枡の手触りやヒノキの香り、五感で楽しめるラジオです。電子工作初心者も大歓迎です。

〈受講にあたっての注意事項〉
※「アナログ枡ラジオ」は音響工房アナログ式のオリジナル教材です。無断転用はご遠慮ください。
※真空管検波式は鉱石ラジオと同様に電波状況や環境に左右され、現代では実用性の低いラジオです。あくまでもラジオ工作を楽しむための教材であることを予めご了承ください。放送を聴くことは出来ますが、後でアンテナやアースを工夫することで受信状態を改善することができます。それも楽しみの一つとなるラジオです。
※受講中の怪我、火傷等はご自身の責任でお願いします。

音響エンジニア歴41年。オールハンドメイドのアナログ音響機器工房「アナログ式」を主宰し、放送局やプロの演奏家まで広く愛用されています。

日 時

第2週 日曜日 13:00~16:00

4/14、5/12、6/9

ホームページからのお申し込みは、受講日の11日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 3回 11,340円(うち消費税額840円)

設備費

486円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

ご案内

※講座日1週間前までにお手続きください。
※教材費別:15,000円、教室で先生にお支払いください。

初回持参品

ハンダゴテセット(ハンダゴテ、コテ台、ハンダ)、ニッパー、ピンセット、ドライバーセット、カッターナイフ(刃の新しいもの)、油性サインペン(黒細字)、お持ちであればワイヤーストリッパ(線材を剥くための工具)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。