舞楽・雅楽入門~天王寺舞楽に触れる@神田明神 1/23  公開 野外

講座コード:
201901-18011816

2018年12月17日 更新

講師名

天王寺舞楽協会常任理事、京都大学非常勤講師 小野 真龍

内 容

 天王寺舞楽のメンバーが上京して演じます。
 皇室行事や神社などで奏でられる雅楽は、元来は中国や朝鮮半島からの外来音楽でした。このような日本の雅楽の成り立ちから歴史を遡ってお話するとともに、雅楽楽器やその音色を、間近な実演によって聴いていただきます。
 後半では、簡略化した楽器編成ですが、「天王寺舞楽」のデモンストレーションを行い、舞楽「登天楽」をお楽しみいただきます。
解説・舞 小野真龍氏
 幼少より天王寺舞楽の伝統に身を置く。四天王寺「聖霊会」をはじめ、住吉大社、嚴島神社等の舞台で伝承・演奏活動を重ねている。海外演奏経験も豊富。浄土真宗本願寺派勤式指導所などで教えている。
出演 天王寺楽所(がくそ)より
龍笛/篳篥/鳳笙/万歳楽舞人 計5人(予定)

日 時

1/23 水曜日

14:00~15:30

受講料

会員: 1回 5,000円(うち消費税額370円) 一般: 1回 5,000円(うち消費税額370円)

ご案内

会場:神田明神・祭務所地下ホール(御茶ノ水駅聖橋口)
学生(大学生以下)割引があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。