能 金剛流 謡と舞(1/18事前体験)  新設

講座コード:
201901-06015052

2018年11月21日 更新

講師名

金剛流能楽師 能楽協会会員 工藤 寛

内 容

 金剛流は「舞金剛」とも称される際立って優美華麗な舞が特色です。能は日本で初めて、ユネスコの「世界無形遺産」に認定された、世界に誇る美しい歌舞劇です。優美繊細な日本の心が溢れ、音楽的絵画的魅力に満ちています。
 劇としての能の全詞章である謡(謡曲)は、メロディの付いた美しい和歌のスタイルで書かれています。お腹からのびのび声を出して謡い、感性を働かせながら、身体全体で古典文学の世界に浸る喜びが得られます。
 仕舞はその謡に乗って舞う5分前後の短い舞で、能の奥深い幽玄の趣を感じながら、心に響く情緒を味わうことができます。
 年齢を問わずどなたでも始められます。

【講師略歴】
同志社大学在学中から能(金剛流)に入門。主に東京で研鑽を積み、「乱」「石橋」「望月」「道成寺」「隅田川」等を始め多くの曲を勤める。一般の方を対象に、東京・京都にて能の謡と舞の教室「花瑶会」を主宰。自治体、企業、大学など学校主催の講座講演を依頼され、能の普及にも尽力している。フランス、ドイツ、アルジェリア、ラトビア等海外での公演、イベント、講座などにも参加。阿佐ヶ谷神明宮で18年にわたり正月二日に「迎春能」を奉納している。

日 時

第1・3・5週 金曜日 10:30~12:00

1/18、2/1、2/15、3/1、3/15、3/29

受講料

会員: 3か月 6回 20,736円(うち消費税額1,536円)

設備費

972円

よみカル体験日

1/18

よみカル体験受講料

1,080円(税込)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時 体験料3,618円

ご案内

事前体験会1月18日(金)体験料1,080円
テキスト代:謡本2,500円、型附4,700円(仕舞)

初回持参品

白足袋、扇、筆記用具、録音機

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。