考えておきたい終末期の医療~いつまで・どこまで、親の場合自分の場合  公開

講座コード:
201810-18011111

2018年9月21日 更新

講師名

医師(老年内科)・作家 南 杏子

内 容

 もし食べることができなくなったらどうしますか?-医療の選択肢はいく通りもあります。命あることだけを優先したのでは、終末期を心静かに過ごせないかもしれません。医師の立場から一方的にお話をするのではなく、皆さんが実際に病院などで直面している疑問や迷いについてお話しいただき、一緒に考える機会にしたいと思います。

講師紹介:1961年徳島県生まれ。日本女子大学卒。出版社勤務を経て、東海大学医学部に学士編入。慶応大学病院などを経て、都内の高齢者専門病院に勤務。専門は老年内科・神経内科。終末期医療のあり方を考える医療ミステリー『サイレント・ブレスー看取りのカルテ』(幻冬舎文庫)を7月期刊行。よみうりカルチャーんほ情報誌『よみカル』で「カルテの余白に」を好評連載中。

日 時

10/27 土曜日

第4週 土曜日 10:30~12:00

受講料

会員: 1回 2,592円(うち消費税額192円) 一般: 1回 2,916円(うち消費税額216円)

初回持参品

*筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。