平山郁夫 敦煌そしてシルクロード 

講座コード:
201804-01571150

2018年7月6日 更新

講師名

東京芸術大学特任教授 井上 隆史

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

 生涯をかけてシルクロードを愛した日本画家平山郁夫。原爆の後遺症と闘いながら、40年以上にわたるシルクロードの旅で、アフガニスタン、パキスタン、インド、中国、トルコなど各地を踏破し、数千枚のスケッチを描いた。仏教への深い関心と平和への祈りを込めて、その集大成として描いたのが、薬師寺の「大唐西域壁画」だ。映像を交えて、NHKスペシャル「新シルクロード」を手がけた元統括プロデューサーが、平山画伯の軌跡をたどりながら、シルクロードの持つ魅力を案内する。

日 時

第3週 木曜日 13:30~15:00

4/19、5/17、6/21、7/19(休講)、7/26(振替:第4)、9/20

受講料

会員: 6か月 5回 15,660円(うち消費税額1,160円)

設備費

810円

テーマ

第一回「執念のシルクロード」
第二回「遥かなる仏の道」
第三回「アフガニスタン文化財を救え」
第四回「バーミヤンから敦煌へ」
第五回「敦煌から法隆寺へ」

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できます 体験料3,294円

ご案内

別途、教材費(コピー代)をいただく場合がございます。

初回持参品

*筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。