琉球王国と女性たち~古琉球の歴史と伝説  公開

講座コード:
202101-18010150

2020年11月24日 更新

講師名

法政大学沖縄文化研究所専任所員 矢野 美沙子

内 容
講座写真1
講座写真2

 琉球王国の歴史書には、古琉球時代(12世紀~1609年)の王や名臣、女性にまつわる伝説が多く含まれています。しかし、中国や朝鮮の同時代史料を参照すると、これらは伝説や物語に留まらない、歴史的な出来事であったことが分かります。古琉球時代は王妃や神女などに代表されるように、女性の力が強かったと言われています。本講座では、代表的な女性に関する説話を取り上げ、その歴史的意味について考えてゆきます。

【講師プロフィル】
早稲田大学文学部出身。現在は、法政大学沖縄文化研究所専任所員として勤務。専門は古琉球期首里王府に関する研究。古琉球期琉球王国の政治的・外交的基盤が構築されてゆく過程について、中近世移行期も視野に入れて検討を行っている。

日 時

1/24 日曜日

13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料

会員: 1回 2,750円(うち消費税額250円) 一般: 1回 2,750円(うち消費税額250円)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。