実りのあるカメラライフ

実践で学ぶ写真術 

講座コード:
201810-08616320

2018年10月27日 更新

講師名

写真家 玉木 雄介

内 容

受講生の作品を教材として撮影のノウハウを指導する実践型の「写真教室」です。
当教室ではスクリーンに映した画像(映像)を解析しながら技術的な問題を取り上げ、表現力を鍛えるための学習をしています。
デジタルカメラの普及で写真は容易に撮れるように思われがちですが“優れた写真”と言われる作品を撮るためには、それなりの準備と知識が必要です。まずは「人間の眼」とレンズが捉えた「カメラの眼」の違いを理解することです。
カメラの機能を有効に活用すれば表現力もアップして“優れた写真”創りに繋がるからです。実践と講義を繰り返しながら、それぞれの個性を見出し、実りあるカメラライフを体験できるような学習の場を目指しています。野外で開く撮影会や課題を決めた制作にも意欲的に取り組み、町田市国際版画美術館で毎年開く写真展でその成果を発表しています。

日 時

第1・3週 土曜日 13:00~15:00

10/6、10/20、11/17、12/1、12/15

受講料

会員: 3か月 5回 11,900円(うち消費税額900円)

設備費

1,500円

教材費
教材費10
100円
保険料

100円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できません

ご案内

定員/20名
最少開講人数/3名
※4月期と10月期には野外撮影会が1回あります。

※11/3は休講です。

初回持参品

筆記用具、写真(USBデータもしくはリバーサルのフィルムで4点)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。