初めて描く花(ボタニカルアート) 

講座コード:
201810-03451410

2018年10月7日 更新

講師名

日本理科美術協会代表 松原 巖樹

内 容

ボタニカルアート(植物画)は、植物を正確に科学的に観察して出来るだけ素直に、ありのままに描きます。いいかえれば、『花の肖像画』です。肖像画が単に似ているという似顔絵と異なるように、ありのままに描いた『花の肖像画』にも作者の思いや愛情が込められてそれぞれ趣の違った顔を見せてくれます。静物画に描かれた植物との違いもここにあります。絵ごころより花ごころです。中学生の時以来絵筆を持つ機会が無かったといわれる方が大勢いらっしゃいますが、『植物画』はそんな人の絵ごころを呼び覚ますにも最適です。一粒の木の実、一枚の花びらだけでも一点の作品となり、立派にインテリアとして楽しめるのが大きな特徴でしょう。

日 時

第2・4週 月曜日 10:00~12:00

10/22、10/29、11/12、11/26、12/10、12/24

受講料

会員: 3か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

1,860円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます (無料)

ご案内

初心者のみ(希望される場合)お手本代 3ヶ月2,000円

※10/8はお休みになります。
※10/29は第5週目開講致します。
※2/11は祝日ですが開講致します。

初回持参品

初回持参品:スケッチブック(F4)、鉛筆(H、HB)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。