水墨画 

講座コード:
201810-03113310

2018年10月7日 更新

講師名

日本自由画壇   理事  奥村 映霞

日本自由画壇 ▼理事長 橋本 不双人

内 容

東洋の絵画、水墨画は、墨色の濃淡・にじみ・かすれの妙味にさそわれて描くものです。四季折々の自然の「ささやき」や目に触れるもの、心に感ずるものを素直な気持ちで和紙に伝えて描きます。
昔より「墨に五彩あり」とか「墨は彩あってより美しく、彩は又墨あってさらに美し」と言われていますが、あくまでも墨を主として彩も添えます。従って今日では、「彩墨画」「墨彩画」とも言われます。これは私の比喩ですが、水墨画は、墨と彩と人の心との、和紙の庭での鬼ごっこから生まれると思います。小品から大作まで人それぞれの持つ個性、力量に合わせて、個性をのばしながら、一緒に勉強していきましょう。

日 時

第1・3週 水曜日 10:00~12:00

10/3、10/17、11/7、11/21、12/5、12/19

受講料

会員: 3か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

1,860円

テーマ

10/03 基礎:花、葉
10/17 ギャラリートーク
11/07 基礎:野菜
11/21 基礎:風景スケッチ
12/05 干支を描く
12/19 基礎:魚介

途中受講

できます

見 学

できます 後半30分以外

体 験

できます

ご案内

■定員/15名 最少開講人数/5名

初回持参品

【本講座】布きれ(古い木綿布かペーパータオル)
筆・墨・下敷(白地の毛氈)などがある方は、お持ち下さい。
絵の具(顔彩12色)、和紙(道具の無い方は、先生にご相談下さい。)

【体験】なし(先生が用意してくださいます)

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。