ゆかりの地も巡る歴史講座

江戸を楽しむ 【一日体験 6/22】  新設

講座コード:
201807-01315430

2018年5月27日 更新

講師名

歴史ライター 近藤 圭二

内 容
講座写真1
講座写真2

 徳川家康が江戸で最も頭を悩ませたのは、飲料水の確保でした。そこで、神田上水や玉川上水が開削されることになります。その後、浮世絵や歌舞伎などの文化が花開き、吉原では毎晩のように饗宴が催されるようになります。文化や政治の仕組み、食や物流、風俗など、さまざまなテーマで江戸を楽しみませんか。なお、今期は幕末がメインテーマです。

日 時

第2、4週 金曜日 15:00~16:30

7/13、7/27、8/10、8/24、9/14、9/28

受講料

会員: 3か月 6回 16,860円(うち消費税額1,260円)

設備費

1,160円

教材費
教材費(60)
360円
テーマ

07/13 ペリー来航から日米修好通商条約締結まで
07/27 安政の大獄から四国連合艦隊の下関砲撃まで
08/10 薩長同盟締結から戊辰戦争の勃発まで
08/24 戊辰戦争の勃発から終結まで
09/14 愛宕神社と桜田門外の変
09/28 お台場と幕末の海防政策

保険料

200円

途中受講

できます

見 学

できます 野外実施日以外可能

体 験

できます

ご案内

定員:12名 最少開講人数:5名 ※6/22…体験会開講
【野外講座のご案内】
9/14…10時東京メトロ日比谷線神谷町駅3番出口下→愛宕神社→金毘羅宮→江戸城・桜田門、13時 桜田門解散
9/28…10時JR新橋駅烏森改札口→鉄道歴史展示室→新橋駅→(ゆりかもめ乗車)→お台場海浜公園駅→お台場公園→13時お台場海浜公園解散

初回持参品

授業…筆記用具 野外・・・筆記用具、動きやすい服装、折りたたみ傘
※現地集合・現地解散・雨天決行。
※現地までの交通費、入館料、飲食代は自己負担となります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。