ゆっくり読み解く百人一首 

講座コード:
201807-01213410

2018年9月3日 更新

講師名

久良岐古典研究所主宰 草野 隆

内 容

一般に、『百人一首』は、藤原定家が、自分がすぐれた歌だと信じる歌を精選して集めたものだと考えられています。しかし、調べて行くと、もともと藤原定家が選んだ百首余りの歌は、現在の『百人一首』とはわずかに違っています。『百人一首』の本来の姿を知ると、新しい発見が次々と見えてきます。実は定家は、単純に、自分がすぐれていると思う歌を選んだのではないようなのです。歌の並び方にも、なみなみならない工夫があります。この講座では、何者かの手で一度壊されてしまった『百人一首』を、藤原定家の撰んだ姿に戻して、天智天皇の歌から初めて一首一首を、ゆっくりと読み解いていこうと思います。

日 時

第2・4週 水曜日 10:30~12:00

7/11、7/25、8/8、8/22、9/12、9/26

受講料

会員: 3か月 1回 2,700円(うち消費税額200円)

設備費

290円

教材費
教材費(130)
130円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

定員:20名 最少開講人数:5名

※9/26…体験会開講

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。