観世流仕舞

観世流準職分
津村 禮次郎

能楽は700年の歴史を持つ日本の芸能の源泉です。現代でも舞台活動は盛んに行われ、演劇や映画に大きな影響を与えています。能楽の要素は、歌(謡曲)と舞、音楽(囃子)です。仕舞は、能の所作の基本を習得するために最初にけいこをすることになっています。腰の据えた運足(ハコビ)や体構えは茶道にも共通のものです。

ページのおわりです
【日 時】

第2・4 金曜日  13:00~14:30

10/8、10/22、11/12、11/26、12/3、12/17

【受講料】

会員: 3か月 6回 27,720円(うち消費税額2,520円)

【維持費】

2,310円

【途中受講】

できます

【見 学】

できます ※満員の場合や状況により見学いただけないことがあります。

【体 験】

できます 体験料 5,005円(うち消費税額455円)

【ご案内】

※9/3は第1金曜日です。

仕舞は能の一部を面や装束なしで紋服姿で舞います。初心者も歓迎します。初回は仕舞扇はなくても大丈夫です。


【初回持参品】

白足袋、観世流仕舞扇

ご注意

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

よみうりカルチャー荻窪

〒167-0043 杉並区上荻1-7-1 ルミネ6階 TEL/03-3392-8891

印刷