素朴な美しさ

津軽こぎん刺し

こぎん刺し作家  
田村 紀子

「津軽こぎん刺し」は青森県津軽地方の暮らしの中で、津軽の女性達が、藍の布に白糸で美しい幾何学模様を刺して手から手へと伝えられてきた伝統的な刺し子です。
今では様々な布や糸、たくさんの色を使って刺されるようになりました。
 布の目を奇数で拾って刺してゆく、誰にでも出来る手法ですが、模様の組み合わせや色の使い方で、個性あふれる作品が生まれます。基礎刺しから、模様を組み合わせてデザインする方法まで、作品を作りながら進めましょう。

ページのおわりです
【日 時】

第3 金曜日 10:00~12:00

7/17、8/21、9/18

【受講料】

会員: 3か月 3回 6,930円(うち消費税額630円)

【設備費】

660円

【途中受講】

できます

【見 学】

できます

【体 験】

できます 体験料 2,530円(うち消費税額230円) ※応相談

【ご案内】

教材費/1回2,000円位

<テーマ>
基礎刺し
模様の組み合わせ
オリジナル作品

【初回持参品】

糸切りばさみ、30cmの物差し、しつけ糸、しつけ糸(色は自由)、筆記用具

ご注意

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

よみうりカルチャー川越

〒350-1123 川越市脇田本町14-12 第一住宅ビル5階 TEL/049-247-5000

印刷