大江戸遊歩術と老舗巡り(2)

トラベルライター
山田 うに

 現在の「散歩」とは「気晴らしや健康のために、ぶらぶら歩くこと。散策」(広辞苑)を意味します。ですが、江戸の人たちにとってはこうした散歩の考え方はなかったらしいのです。前もって計画を立て、出かけたら朝から晩まで懸命に遊ぶ。これが江戸時代の散歩です。週休2日制も、実働8時間制もない時代。気晴らしの遊歩はまた目一杯遊ぶことなのでした。
 現在の東京にも江戸の文化が多く残されています。そんな江戸の面影をぶらりゆっくりと遊歩します。

ページのおわりです
【テーマ】

7/9  谷中霊園から月見寺、花見寺を経て根津神社へ
8/20(第3木曜) 神宮外苑から四谷大木戸、新宿御苑へ
9/10 中野・哲学堂公園から新井薬師、犬屋敷跡の碑へ

【日 時】

第2 木曜日 10:00~13:00

7/9、8/20、9/10

【受講料】

会員: 6か月 3回 8,580円(うち消費税額780円)

【保険料】

300円

【教材費】
資料代200
660円
【途中受講】

できます

【見 学】

できません

【体 験】

できません

【ご案内】

交通費、入館料、昼食代などは各自負担となります。
※8月は第3木曜の8/20開催となります。
※共同募集センター 柏・浦和・恵比寿

【初回持参品】

筆記用具、帽子、雨具など
※行程表は別途お渡しします。

ご注意

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

よみうりカルチャー町屋

〒116-0002 荒川区荒川7-20-1 TEL/03-3802-7115

印刷