山上宗二記を読む

千利休と侘び茶の世界

能文社
水野 聡

『山上宗二記』は、千利休の侘び茶の正統を伝える書。利休が侘び茶を大成したその絶頂期に、もっとも信頼する一番弟子が書きとめた、茶の湯史を知る第一級史料と評価されている。
今回は、同書を現代語訳にて読み進めていく初心者向け入門講座です。関連茶書もひもときながら、豊富な画像資料を駆使して、茶の湯が生まれた歴史的瞬間に立ち会ってみましょう。

ページのおわりです
【テーマ】

<予定テーマ>
♦第一回 4/18珠光一紙目録 花入、肩衝
♦第二回 5/16珠光一紙目録 茶入(茄子・文琳・円座等)
♦第三回 6/20珠光一紙目録 台子四飾り、侘び花入
♦第四回 7/18茶の湯者覚悟十体 一
♦第五回 8/15茶の湯者覚悟十体 二
♦第六回 9/19追加十体 一
※講座の進行状況により各回の予定は変更する場合があります。

【日 時】

第3 木曜日 10:30~12:00

4/18、5/16、6/20、7/18、8/15、9/19

【受講料】

会員: 6か月 6回 19,440円(うち消費税額1,440円)

【設備費】

777円

【教材費】
コピー代(150)
972円
【途中受講】

できます

【見 学】

できます

【体 験】

できます

【初回持参品】

『山上宗二記 現代語全文完訳』水野聡訳 (能文社)2006/5
※希望者のみ

ご注意

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

よみうりカルチャー恵比寿

〒150-0022 渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿7階 TEL/03-3473-5005

印刷