「更級日記」を読む

中古文学研究者
内野 信子

 「更級日記」は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)によって書かれた日記文学である。少女期に父に伴われて下った任国からの上洛の様子に筆を起こし、晩年に及ぶ40年が回想される。「源氏物語」に憧れたひとりの女性の人生を辿ってみたい。

ページのおわりです
【日 時】

第3 金曜日 10:15~11:45

4/19、5/17、6/21

【受講料】

会員: 3か月 3回 8,100円(うち消費税額600円)

【設備費】

388円

【途中受講】

できます

【見 学】

できます

【体 験】

できます

【ご案内】

テキストコピー代別途

【初回持参品】

筆記用具
明治書院の校注古典をお持ちの方はご持参ください。
   

ご注意

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

よみうりカルチャー大宮

〒330-0853 さいたま市大宮区錦町682-2 JACK大宮1階 TEL/048-640-1110

印刷