小説を書く

元小学館現代文学編集長
秋林 哲也

小説は日記とちがい、人に読まれることを前提としています。自分が頭の中で想像したことや、実体験したことを、一つの物語として作り上げ、読む人をそこにひきこまなければなりません。
小説を書くことは楽しい作業でもあり、厄介な仕事でもあります。どのように書くと小説になるのか、どのようなことから始めたらよいのか、受講者のみなさんの作品を講評しながら、いっしょに考えていきます。

ページのおわりです
【テーマ】

みなさんの作品を随時とりあげ、その作品を講評することで、物語構成・展開、人物造形・描写などを具体的に指摘し、「小説の書き方」を考えていきます。
宿題は出しません。
5枚でも300枚でも、自由に書き提出してみてください。

【日 時】

第3 土曜日 10:30~12:30

4/20、5/18、6/15、7/20、8/17、9/21

【受講料】

会員: 6か月 6回 18,144円(うち消費税額1,344円)

【設備費】

777円

【途中受講】

できます

【見 学】

できます

【体 験】

できます

【ご案内】

雑費 コピー代実費

【初回持参品】

筆記用具

ご注意

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。
※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。
※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。

よみうりカルチャー川崎

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町26-1 アトレ川崎5階 TEL/044-221-5590

印刷