田代親世が韓流ブームの変化と取材のエピソードを語る  公開

講座コード:
202010-18012010

2020年9月20日 更新

講師名

韓国エンターテインメント・ナビゲーター&脚本家 田代 親世

内 容

2004年に本格的なブームが到来した韓流。今でこそ当たり前となっている韓流ですが、ブームの前と後でどのように変化を遂げてきたのか。1999年から韓流の取材をしていたフリーアナウンサーの田代親世が、どのような経緯で韓流に出会い仕事になるまでに至ったかを語ります。韓流にご興味がある方はもちろん、好きなことを仕事にしたいと考えている方には良いヒントになるかも!
[プロフィール]
CSチャンネル衛星劇場で「田代親世の韓流総決算」などの韓流番組のMC,ドラマ・ミュージカル解説をはじめ、韓流イベントでの司会などを務める。韓国エンタメナビゲートの第一人者。
2005年、韓流ブームの拡散に寄与したとして韓国観光公社より感謝牌を贈られる。
著書は「韓国ドラマが教えてくれる心が強くなる40の言葉」(中経出版)など多数。原案・脚本を手掛けた映画に「台北に舞う雪」がある。
公式サイト「田代親世の韓国エンタメナビゲート」、動画チャンネル「田代親世のほぼ3分でわかる韓国ドラマ」を運営。韓流ファンたちの交流サロン、韓流ミュージカルツアーも開催している。

日 時

10/18、11/1 日曜日

13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料

会員: 2回 8,140円(うち消費税額740円) 一般: 2回 8,800円(うち消費税額800円)

設備費

220円

ご案内

2日間両日のご参加をお願いします。

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。