1回完結江戸雑学

江戸のトリビア  新設

講座コード:
202007-01312004

2020年5月21日 更新

講師名

東京都江戸東京博物館客員研究員 近松 鴻二

内 容

 この講座では、現在では消滅、あるいは陳腐化してしまった江戸の制度・仕組み、暮らしぶりなどを検証します。過去を学ぶことで、中には現代に参考にしたいものが見つかるかもしれません。
 毎回一つのテーマをとりあげ、1講座完結で行います。
テーマ例:時と空間「干支かんし」「方位」「江戸時代の時法」「旧暦の基礎知識」、制度「参勤交代」「通貨制度」「石高制」、人物・町奉行「大岡忠相」「遠山景元」、事件・戦争「江戸城刃傷事件簿」「赤穂浪士事件」など

日 時

第2・4 月曜日 13:00~14:30

7/13、7/27、8/10、8/24、9/14、9/28

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 6回 16,500円(うち消費税額1,500円)

設備費

990円

テーマ

(1)時を測り・記録する
  ①時法・・・不定時・12辰刻制度
  ②暦・・・太陰太陽暦(旧暦)
  ③干支(かんし)・・・現在の西暦のよう使われていた
(2)ものを測り・記録する
  ①度・・・長さ 里・丈・間・尺・寸…
       広さ 町歩・反・畝・歩・(坪)… 
  ②量・・・体積・容積 石・斗・升・合・勺…
  ③衡・・・重さ 貫・匁…

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 2,915円(うち消費税額265円)

ご案内

教材費別、コピー代実費

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。