現代天文学入門  新設

講座コード:
201910-01610700

2019年8月25日 更新

講師名

関西学院大学・筑波大学教授 中井 直正

内 容
講座写真1
講座写真2

 宇宙はビッグバンと呼ばれる大爆発から生まれ、超高温超高密度の状態から膨張とともにしだいに冷えてきて星や銀河が誕生し、地球という惑星の上で生命が誕生した。そのような星・惑星がどのようにして作られ、太陽系が今後どのような運命を迎えるかを考えます。また、星がガスから誕生する母体は銀河ですが、その銀河の中心には巨大質量のブラックホールがあると言われています。さらに銀河には観測される星やガスの数倍の質量を持つ見えない物質(暗黒物質)があると言われていますが、その正体はまだわかっていません。このような宇宙の謎を一緒に考えます。
【講師経歴】
 関西学院大学卒。名古屋大院・東京大院修了(理学博士)。東京大学、国立天文台、筑波大学を経て現職。専門は電波天文学で、銀河の観測的研究を行っている。南極望遠鏡計画を推進中。

日 時

第3 日曜日 13:00~14:30

10/20、11/17、12/15、2/16、3/15、3/29

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 16,500円(うち消費税額1,500円)

設備費

990円

教材費
教材費
660円
テーマ

1回 大爆発から生まれた宇宙とその将来
2回 星の誕生と死および元素合成
3回 ほかの星で発見された惑星
4回 銀河と暗黒物質
5回 ブラックホール
6回 南極からさぐる宇宙

よみカル体験日

10/20

よみカル体験受講料

1,210円(教材費込、税込)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 3,025円(うち消費税額275円)

ご案内

※画像は国立天文台提供
※1月はお休みです。3/29は第5です。

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。