宇宙開発よもやま話  新設

講座コード:
201910-01610650

2019年8月24日 更新

講師名

元JAXA試験センター長 三枝 博

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

 現在、科学探査機「はやぶさ2」は数億キロの彼方で与えられたミッションを遂行しています。また、国際宇宙ステーション(ISS)では、6名の宇宙飛行士が常駐して各種科学実験などを行っています。さらに2030年代には人類が火星に到達するという、壮大な計画もあります。このような華やかな宇宙開発の裏には技術者だけでなく、いろいろな分野の人々が協力して成功に導いています。本講座では、過去の宇宙開発の歴史を紐解くとともに現在の宇宙開発の現状とこれからの人類としてどのような宇宙開発が必要かということを受講される方々と考えていきたいと思います。

日 時

第2 日曜日 13:00~14:30

10/13、11/10、12/8、1/12、2/9、3/8

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 16,500円(うち消費税額1,500円)

設備費

990円

教材費
資料代
660円
途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できます 体験料 3,025円(うち消費税額275円)

ご案内

※9/29(日)13:00~15:30 同講師による現地集散の公開講座「筑波宇宙センタースペースドーム見学」もあります。

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。