ゲーテとドイツ文学入門  新設

講座コード:
201910-01271920

2019年9月3日 更新

講師名

筑波大学名誉教授 都築 正巳

内 容

 ゲーテを生んだドイツとはどのような文化を持ち、ゲーテが生まれたフランクフルトはどのような都市であり、ゲーテが生きた18世紀ヨーロッパはどのような時代であったか、そして「若きウェルテルの悩み」で一躍ヨーロッパの詩人としてデビューをして後、なお60年かけて「ファウスト」を完成させたゲーテの生涯とはどのような意味を持つのか?まずはドイツの都市と文化を論じ、続いてゲーテ時代とゲーテの生涯の概略を提示し、「ウェルテル」や「ファウスト」などの意味深い作品がどのような経緯で成立したか、文学史的な背景の事情などを語ります。ゲーテの作品を読むための手引きとなるような講義を行います。

日 時

第1 火曜日 13:00~14:30

10/1、11/5、12/3、1/7、2/4、3/3

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 16,500円(うち消費税額1,500円)

設備費

990円

テーマ

1、ドイツの都市と文化Ⅰ
2、ドイツの都市と文化Ⅱ
3、ゲーテの生涯と作品Ⅰ
4、ゲーテの生涯と作品Ⅱ
5、ゲーテの生涯と作品Ⅲ
6、ゲーテの生涯と作品Ⅳ

よみカル体験日

10/1

よみカル体験受講料

1,100円(税込)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 2,915円(うち消費税額265円)

ご案内

教材費:コピー代実費

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。