お風呂の変遷にまつわるよもやま話数々

銭湯風俗史(余聞)  公開

講座コード:
201907-18081907

2019年6月23日 更新

講師名

お江戸ウォーカー 演芸ライター 山口 則彦

内 容
講座写真1
講座写真2

 日本人は無類のお風呂好きとして知られています。古くは仏教寺院での布教活動の一環として施浴(せよく)の場が設けられたころから、身分や貧富の差に関わることなく庶民までが、広く入浴の習慣を身につけてゆきます。江戸、明治を経て現代の銭湯に至るまでを、わかりやすく興味深い解説でお楽しみいただきます。

※チラシ誤)7/30(火)、正)7/26(金)

日 時

7/26 金曜日

15:30~17:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料

会員: 1回 2,592円(うち消費税額192円) 一般: 1回 2,592円(うち消費税額192円)

設備費

108円

ご案内

野外講座講師による夏恒例の座学です。

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。