浮世絵と川柳・俳句でたどる江戸名所 

講座コード:
201904-01511904

2019年6月8日 更新

講師名

江戸歴史研究家 伊藤 寿

内 容

 江戸時代の江戸は同時代のパリ、ロンドンと比較して人口ははるかに上回りながら、清潔で活気にあふれ、人々は高い文化的生活を享受していた。今より貧しさは多かったが、悲惨さは今より少なかった。B・H・チェンバレンは『日本事物誌』の中でこう語っている。
 本講座では、江戸の名所6か所(日本橋、浅草、神田、上野、深川、品川)を浮世絵や川柳・俳句を豊富に用いながらたどり、それぞれの地域の魅力あふれる個性を明らかにするとともに、江戸っ子たちがいかに生活を享受していたかを考察する。

日 時

第2 土曜日 10:30~12:00

4/13、5/11、6/8、7/13、8/10、9/14

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

972円

教材費
資料代(50円)
324円
テーマ

第1回 日本橋
第2回 浅草
第3回 神田
第4回 上野
第5回 深川
第6回 品川

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 随時3024円、よみカルOK

初回持参品

筆記用具。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。