大江戸散策と老舗めぐり【第4水】  野外

講座コード:
201810-08896122

2018年9月21日 更新

講師名

トラベルライター 山田 うに

内 容

江戸時代の武家社会を律した制度の一つに参勤交代があります。元和元年(1615)に「武家諸法度」で参勤交代が義務付けられると、全国の武家の生活は一変しました。江戸詰めの武士たちの江戸藩邸での仕事は、玄関・奥庭・各文の警備、藩主登城のお供などで、これ以外に仕事らしい仕事はありませんでした。藩主不在の留守居役は江戸で暮らすことが仕事のよう。散歩や物見遊山が日課だったのです。
【テーマ】
10/24 両国国技館から相撲部屋、吉良邸跡、回向院へ
11/28 神宮外苑から四谷大木戸へ
12/26 浅草寺から隅田公園を抜け名代の桜餅をいただく
1/23 小石川植物園から伝通院、小石川後楽園へ
2/27 谷中霊園から月見寺、花見寺を経て根津神社へ
3/27 中野・哲学堂公園から新井薬師、犬屋敷跡の碑へ

日 時

第4週 水曜日 10:00~13:00

10/24、11/28、12/26、1/23、2/27、3/27

受講料

会員: 6か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

保険料

600円

途中受講

できます

見 学

できません

体 験

できません

初回持参品

筆記用具、帽子、雨具など、はきなれた靴でお越し下さい。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。