四季の味わい方

江戸っ子に学ぶ粋な暮らし 

講座コード:
201804-01991801

2018年5月29日 更新

講師名

江戸歴史研究家 伊藤 寿

内 容
講座写真1
講座写真2

 物なんかなくたって、金なんかかけなくたって江戸っ子たちは、五感をフルに働かせて、春夏秋冬を味わい、楽しんだ。彼らの豊かな生活文化を浮世絵を通して知り、細やかな感性をよみがえらせたい。
第1回 正月 初日の出、若水、七草粥、縁日詣で
第2回 春 梅見、桃の節句、潮干狩り、花見
第3回 夏 端午の節句、花火、蓮見、蛍狩り
第4回 江戸の面影巡り(野外)
第5回 秋 七夕、祭り、重陽の節句、月見、虫聞き
第6回 冬 紅葉狩り、歌舞伎顔見世、雪見、歳の市

日 時

第2週 土曜日 10:30~12:00

4/14、5/12、6/9、7/14(野外)、8/11、9/8

受講料

会員: 6か月 6回 16,848円(うち消費税額1,248円)

設備費

972円

教材費
資料代(50円)
324円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。