講座コード:202110-01310042 2021年11月21日 更新

~甲冑を着用できます~

甲冑(かっちゅう)講座

一般社団法人日本甲冑武具研究保存会 常務理事菅野 茂雄

甲冑が体の、どの部位をカバーするために作られた物なのか、使用目的、各部分の名前、素材、時代による変化など戦国時代の中でも安土桃山時代から江戸初期の甲冑を中心にお話します。
この講座を聞いていただいてからは、大河ドラマを見たとき兜や胴甲の種類がわかり、ドラマの中で使用している甲冑が時代錯誤の場合もあることに気が付くと思います。甲冑の他にも、刀、火縄銃 馬具についてもお話します、その都度兜など講義の内容に合わせて現物を持参しますので着用し触れて頂けます。

日時 10/12、11/9、12/14、1/11、2/8、3/8
第2火曜日 19:00~20:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の5日前までとなります。

受講料 会員 6か月 6回 19,800円(うち消費税額1,800円)
維持費 2,112円
よみカル体験日 12/14
よみカル体験受講料 1,100円(税込)
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,652円(うち消費税額332円)
ご案内 筆記用具をご持参ください


※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。