いけばな池坊 立花A 

講座コード:
201904-05350056

2019年5月20日 更新

講師名

華道家元池坊教授 望月 文子

華道家元池坊 松﨑 孝子

内 容

「立花」は、桃山末期から江戸初期にかけて、二代にわたる名手・池坊専好によって確立された、池坊の代表的な花型です。伝承されている「立花」の知識と構成を学び、床の間をはじめ、あらゆる生活空間を季節の花で美しく彩りましょう。
初めて「立花」を学ぶ方、経験のある方、それぞれにあわせて指導します。

日 時

第2 水曜日 15:00~19:00

4/10、5/8、6/12、7/10、8/7、9/11

ホームページからのお申し込みは、受講日の5日前までとなります。

受講料

会員: 6か月 6回 23,328円(うち消費税額1,728円)

設備費

907円

テーマ

立花構成
・立花構成、直真、除真、砂の物
・草物主体の立花(春、夏、秋、冬)
・木物主体の立花
・伝承の立花
・現代立花



立花の基本的構成と役枝名称と働き
・受筒
・込藁の作り方
・大葉、シャガの遣い方

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 経験者のみ

ご案内

花材費:1回3,240円。

初回持参品

花バサミ、持ち帰り用の袋、筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。