韓流時代劇の理解が深まる朝鮮半島二千年の歴史解説  新設

講座コード:
201904-01180100

2019年3月31日 更新

講師名

作家 康 熙奉

内 容

韓流時代劇の舞台となっているのは、古代の三国時代、中世の高麗王朝、そして518年間続いた朝鮮王朝です。本講座では、ドラマに登場する歴史的な人物のエピソードに触れながら、朝鮮半島の二千年の歴史をわかりやすく語ります。
こうした歴史を知れば、韓流時代劇への理解がさらに深まり、ドラマをより面白く見ることができるでしょう。

【講師プロフィル】
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『ヒボン式かんたんハングル』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』『朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

日 時

第2週 水曜日 13:30~15:00

4/10、5/8、6/12

ホームページからのお申し込みは、受講日の5日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 3回 8,748円(うち消費税額648円)

設備費

388円

教材費
コピー代(20円)
64円
途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。