講座コード:202201-01310125 2021年11月15日 更新

日本文化のルーツへ

遺跡から探る飛鳥時代

早稲田大学非常勤講師亀谷 弘明

 推古天皇が宮を置いてから藤原京に都が遷るまでの7世紀には飛鳥(現明日香村)に宮が営まれました。この時代にはさまざまな事件が起きました。廐戸王(聖徳太子)、蘇我馬子、入鹿、藤原鎌足、中大兄皇子などが活躍しました。
 今は田園風景が広がっていますが、飛鳥には地下に古代遺跡が眠っています。有名な石舞台古墳、高松塚古墳の他、酒船石、亀石、小山田古墳、都塚古墳などの注目される遺跡があります。これらの遺跡から飛鳥時代の歴史について考えます。

<プロフィール>
早稲田大学教育学部卒 早稲田大学博士(文学)
著書 「古代木簡と地域社会の研究」校倉書房
早稲田大学教育・総合科学学術院非常勤講師
日時 1/25、2/22、3/22
第4火曜日 10:30~12:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の1日前までとなります。

受講料 会員 3か月 3回 10,725円(うち消費税額975円)
維持費 1,155円
よみカル体験日 12/28
よみカル体験受講料 1,100円(税込)
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,960円(うち消費税額360円)
初回持参品 筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。