講座コード:202107-01037170 2021年6月24日 更新

新設

四季と絆を詠む俳句 【受付終了】

俳誌「雲取」主宰、俳人協会評議員 鈴木 太郎

 山や川、海を見て自然の美しさを堪能できるのは、四季に恵まれた日本ならではのことでしょう。息をのむような美しさを伝統的な「雪月花」を中心に伝えてきました。そのきらめきや喜びの感動を言葉に変えたものが俳句です。昔から受け継いだ言葉の豊かさを、名句の鑑賞を含めて、自分の言葉で俳句にしましょう。俳句が初めての方でも一冊の歳時記と一本のペンがあれば、さあ始まりです。
日時 7/12、7/26、8/9、8/23、9/13、9/27
第2・4月曜日 10:30~12:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料 会員 3か月 6回 21,450円(うち消費税額1,950円)
維持費 2,310円
途中受講 できます
見学 できます
体験 できます 体験料 3,960円(うち消費税額360円) 随時。実作7句をご用意ください。
初回持参品 筆記用具、歳時記、辞書

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。