カエンガタドキ

火焔型土器を作ろう!  公開

講座コード:
202007-18032004

2020年6月19日 更新

講師名

アートスペース谷中ジンジャー ナカノ アヲバ

内 容

 火焔型土器(かえんがたどき)は、代表的な縄文文化土器の一種。燃え上がる炎を象ったかのような形状の土器です。
 オリジナルの装飾をほどこして、アート作品としても良し、博物館にあるお気に入りをそっくりマネて作っても良し。
その日のうちにお持ち帰りいただける焼かない粘土で作ります。材料・道具は講師が全てご用意しますので手ぶらでご参加いただけます。

【講師略歴】ナカノアヲバ
早稲田大学芸術学校卒
2011年にアートスペース「谷中ジンジャー」を始める
企画展の他に土偶埴輪ワークショップ、御朱印帳ワークショップなどを実施
神社仏閣、婚活パーティーなどでも出張ワークショップを開催

日 時

7/26 日曜日

13:00~16:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料

会員: 1回 2,750円(うち消費税額250円) 一般: 1回 2,750円(うち消費税額250円)

設備費

165円

教材費
火焔型土器
2,200円
テーマ

サイズ 縦10cm×横10cm程度
対象:小学4年生以上~大人。小学生以下は保護者も一緒に受講、もしくは付き添いをお願いします。お子様がご受講の場合はお子様の名前でお申し込みください
作り方のプリント、土器に関するプチレクチャーあります。

初回持参品

汚れてもいい服装か、エプロン。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。