気軽に楽しむ水墨画  新設

講座コード:
202101-03110010

2020年12月9日 更新

講師名

水墨画家 笠原 嗣空

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

教室で墨と楽しく戯れていると自然とコツが身についていきます。この教室では、型を中心にリアルにカッコよく描く技術はもちろん、子どもやお孫さんと一緒に遊んで描いたりできるような簡単なものと、いろんなバリエーションが楽しめる講座にしていきたいと思っています。必要なのは、墨と紙と筆と硯(文房四宝といって、今でも文房具という言葉で残っています)、あとは白下敷きくらいなもの。最初に道具を揃えてしまえば、コストもそんなにかからないので、家でもテーブルに広げれば気軽にアートが楽しめます。日本の文化に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。ぜひ遊びに来てください。あなたのお越しを待っています。よろしくお願いします。

はじめまして、水墨画家の笠原嗣空(しくう)です。
振り返ると、大学時代に長谷川等伯の『松林図』屏風に出逢ってから水と墨の織りなす無限で幽玄な世界に感動し、「いつか自分でも水墨画を描いてみたいな」と思ったのが水墨画に興味を持ったのが始まりでした。
仕事の合間に時間をみつけ、休み休みではありましたが通いだしたのが、実はここ読売カルチャーセンター川越の教室でした。
あれから時間も経ち、まさか自分が講師のお話をいただくことになるとは思ってもいませんでした(笑)僕自身、美大のような専門的なところで勉強したわけではなく、ゼロから水墨画だけを勉強してきましたので、「絵に興味があるけど描いたことがない」「ちょっと難しそう」といった方でも練習すれば描けるようになると確信しています。
一見難しそうに見えるかもしれませんが、歴史を振り返れば仙厓のように子供の落描きみたいなポップな感じな作品も多々あり、その人が良いと思ったら大体許容されてしまう水墨画です。

日 時

第2・4 月曜日  12:30~14:30

1/25、2/8、2/22、3/8、3/22、3/29

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 6回 15,180円(うち消費税額1,380円)

設備費

924円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます 体験料 2,684円(うち消費税額244円)

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。