伝統文化萌花の会

水引工芸&アクセサリー 

講座コード:
201904-13744220

2019年4月20日 更新

講師名

(財)日本手工芸指導協会師範/日本伝統水引工芸研究会師範   高田 雪洋

内 容
講座写真1
講座写真2
講座写真3

水引きは、古くから慶事や仏事の中の結びとして今日まで伝えられてきました。 色や材質がとても豊富で紅白や金銀、絹巻きなど100種類以上近くもあります。創作は、結ぶ、組む、 巻く、 編む、 かがる―の5原則を組合せて行います。
作品としては日本の伝統文化を継承する祝儀袋、 〆飾り、かんざし、ブーケ、結納セット、孔雀、鳳凰などが代表的なものです。熟練してくれば独自の創作も楽しめます。

 水引は紅白、金銀の他色も材質も豊富で100種類もあります。創作は結ぶ、組む、巻く、編む、かがるの組合せで創作します。お正月を初め四季折々の作品やアクセサリー等です。熟練されれば独自の創作も楽しめます。

日 時

第4週 火曜日 10:00~14:30

4/23、5/28、6/25

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料

会員: 3か月 3回 16,524円(うち消費税額1,224円)

設備費

648円

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます ※指定日に限る

ご案内

教材費/1作品 1,500円位~

<テーマ>
・竹、梅
・松竹梅、箸包、屠蘇飾
・リース
・祝儀袋、松竹梅の枝、松結び
・鯛、小鶴
・鶴亀、盆栽

初回持参品

お弁当、ものさし、ボンド、筆記用具、万能はさみ、※平ヤットコ、※めうち
※印のあるものは講師より販売がございます。

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。