講座コード:202207-18011925 2022年6月27日 更新

公開 オンライン

オンライン講座「歳三子孫と新選組さんぽVol.5」アーカイブ

元治甲子戦争(禁門の変)の背景と同戦争後半の新選組の動静(DVDなし)

土方歳三資料館館長土方 愛

 新選組副長として名を馳せた土方歳三。彼のゆかりの地を、土方愛さん(土方歳三資料館館長)がオンライン上で案内します。土方さんが現地を訪ねる様子を事前に動画撮影(約60分)。生配信する講座中にその動画を見ながら、土方さんが解説や感想などを加えます。2021年9月に開いた講座を今一度実施します。
 今回は、Vol.3の後半編。今回も、新選組研究の大家・中村武生先生に本編動画へご出演いただきました。中村先生の緻密な解説にご期待ください。
 元治元年7月19日夜、新選組は禁裏での掃討戦の後、宜秋門(ぎしゅうもん)前で野営。翌朝追討のため洛中を南へと進みます。その後、Vol.3でも紹介した東九条村へ。補給を待つものの、かなわず、疲労と空腹の中、20日14時ごろ伏見奉行所へ。ようやく食事ができ、ひと息ついた後、深夜2時に進発し淀を経由し、橋本宿へ急行します。
 新選組は船渡しで山崎に上陸し、天王山への追討をはじめます。そして、真木和泉らを自刃へと追い込むのです。
 大きな功績を立てた新選組は、さらなる追討戦のため7月23日に下阪。一部隊士は兵庫の津や周辺の宿・村に出張し、長州勢の足取りを追います。「さんぽ」はその道のりを丹念に追いかけ、伊丹市立博物館では、河合耆三郎らが長州勢の物資を押収したことなどが書かれている「昆陽農業協同組合文書」を特別に拝見。記録した動画を皆さんにもご覧いただきます。
「禁門の変」との呼称ではカバーしきれないーー。中村先生が「元治甲子戦争」と呼ぶ一連の軍事行動を追う今回の「さんぽ」です。
日時 9/16 金曜日
 20:00~21:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の2日前までとなります。

受講料 会員  1回 2,200円(うち消費税額200円)
一般  1回 2,200円(うち消費税額200円)
維持費 220円
ご案内 ★動画DVD・さんぽマップは、過去回のものをお使いください。
▽この講座はZOOMウェビナーを使用したオンライン講座です
この講座は9/30(金)まで見逃し配信があります。

※ホームページからもお申し込みいただけます。ホームページからのお申し込みには「読売ID」の登録が必要です。詳しくは「初めてご利用の方へ」をご覧ください。

「読売ID」の登録には一人ひとつのメールアドレスが必要ですが、メールアドレスをお持ちでないご家族がいて複数人分を申し込みされたいなどの場合は、「見学申込・問合せ」(公開講座は「お問い合わせ」)ボタンから各人のお名前や人数などを入力して送信してください。

※残席状況は申し込み手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。講座開始日前のご入金をお願いします。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※当社側の事情で講座が成立しない場合は全額を返金します。お客様の都合でキャンセルされた場合は、所定の手数料を承ります。

※定期講座の受講はよみうりカルチャーに入会が必要です。定期講座の体験、公開講座の受講はよみうりカルチャーに入会不要です。入会・受講規約をご覧ください。

※定期講座で優待割引を利用して申し込みされたい方は、「見学申込・問合せ」ボタンから利用したい優待名を入力して送信してください。