大人の教養を深める「〇〇のはなし」

元南極観測隊隊長が語る南極のはなし  公開

講座コード:
201910-18011912

2019年10月14日 更新

内 容

白瀬矗(のぶ)の「白瀬南極探艦隊」から始まった、日本と南極のかかわりはまもなく110年になります。「タロ・ジロ」の悲しい物語もありました。過酷な環境の中、オーロラの観測や生物の研究などに従事している南極観測隊員たち。南極オゾンホールの発見は、オゾン層破壊防止への取り組みのきっかけとなりました。講座では、隊員たちの成果や苦労、南極観測隊の歴史や現状について紹介。特別に貴重な「南極の氷」にふれる体験もします。

日 時

10/26 土曜日

12:45~14:15

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料

会員: 1回 2,420円(うち消費税額220円) 一般: 1回 2,420円(うち消費税額220円)

設備費

165円

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。