仏像鑑賞講座 ーエリア別(9/7)  公開

講座コード:
201907-18010371

2019年7月14日 更新

講師名

京都観光おもてなし大使・宣京師・仏像ソムリエ 小嶋 一郎

内 容
講座写真1
講座写真2

 国宝・重要文化財など文化財に指定された仏像・尊像が奈良県内に次いで2番目に多い京都府。前シリーズまでは「如来」「菩薩」「明王」「天」とグループ別に紹介、そして解説をして参りました。今回のシリーズでは、各エリアを代表する、あるいは小勢豊かな仏像をご紹介していきます。
【講師プロフィール】
1962年兵庫県生まれ。京都感動案内社代表。京都検定1級初代合格者。京都全日空ホテル、京都府商工部勤務などを経て京都産業大学日本文化研究所上席特別客員研究員。京都、奈良、滋賀などの寺院や歳時記をテーマに講演や案内活動を展開中。

日 時

9/7 土曜日

10:15~11:45

ホームページからのお申し込みは、受講日の4日前までとなります。

受講料

会員: 1回 3,240円(うち消費税額240円) 一般: 1回 3,564円(うち消費税額264円)

設備費

162円

教材費
仏像鑑賞講座資料代
432円
テーマ

今回のテーマは「洛中の御仏たち」
「洛中 歴史上の人物を見つめてきた御仏たち」
快慶・定慶・行快ら慶派の仏像が多く守られてきた大報恩寺(千本釈迦堂)室町時代咲くの丈六の巨大閻魔王坐像が祀られる引接寺(千本ゑんま堂)「鍬形地蔵」の伝統が残る「地蔵院(椿寺)」、後白河法皇も拝んだ阿弥陀三尊を今に伝える「長講堂」など貴人も庶民も信仰してきた洛中の仏達をご紹介します。

初回持参品

筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。