「鉄道のある風景を撮る」番外編

初夏の高原列車撮影会  公開 野外

講座コード:
201904-18080879

2019年5月18日 更新

内 容

 鉄道のある風景を求めて全国に出かける写真家と一緒に撮影の旅へ。のどかな高原を走るJR小海線と、八ヶ岳を背に走る新型車両の「あずさ」(JR中央本線)が今回の主役です。小淵沢駅では、手打ちそばの昼食も楽しみます。大森センターで好評開催中の「鉄道のある風景を撮る」の番外編講座です。

日 時

6/29 土曜日

第5週 土曜日 10:00~17:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料

会員: 1回 3,240円(うち消費税額240円) 一般: 1回 3,240円(うち消費税額240円)

教材費
昼食代ほか
3,560円
保険料

100円

ご案内

※鉄道写真の経験者はもちろん、鉄道写真を撮ったことのない方の参加も可ただし、お持ちのカメラの基本操作ができる方が対象です
※各撮影ポイントまでは、1㎞~2㎞ほど歩きます。
※少雨決行。本降りの雨が予想される場合は、翌日30日(日)に順延します
※交通費は各自負担です

初回持参品

カメラ、雨具、お持ちの方は三脚

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。