押絵 

講座コード:
201810-13016059

2018年11月9日 更新

講師名

日本手工芸指導協会師範 志塚 恵美子

内 容

 江戸時代から作られてきた、羽子板に代表される押絵も、現在では人物、花、風景などを額に入れて、室内装飾用に絹、金欄などを使って作られています。華やかで、立体感のある、手作りの贈り物としても最適です。初めての方にも手軽に楽しめる手芸です。
自分だけの作品が完成した時のうれしさをぜひ味わって下さい。講師は昭和55年から日本手工芸指導協会師範、押絵静彩会を主宰しています。

日 時

第2・4週 水曜日 13:00~15:00

10/10、10/24、11/14、11/28、12/12、12/26

受講料

会員: 3か月 6回 15,552円(うち消費税額1,152円)

設備費

972円

テーマ

≪初心者≫
 竹馬、てまり、かぶと、けまり、鏡獅子

≪中級者≫
 羽子板、風景画、花、浮世絵

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます よみカル体験 教材費別

ご案内

教材費/正絹使用、約3,000円(4号)~12,000円(6号)。
一日体験時作品は「ミニ羽子板」色紙「わらべ(女の子または男の子)「季節物」のいずれかより選んで下さい。

初回持参品

はさみ、のり、目打ち、脱脂綿、おしぼり、鉛筆

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。