美術でひも解く日本文化 

講座コード:
201810-03910005

2018年11月6日 更新

講師名

日本画家(奥村土牛門下)・川村学園女子大学名誉教授 荻原 延元

内 容

 講座では、日本文化を美術からひも解きます。各テーマでは仏教美術、絵巻物、屏風絵、障壁画、浮世絵、伝統工芸等を、古代から現代における優れた美術を数多く選び出して、スライドや画集等を参考に楽しく鑑賞し、日本文化についてをより深く学びます。
【講師からひと言】
美術を学ぶには「造る」と「鑑賞」の両輪があり、鑑賞が少し疎かになりがちです。どちらも好きになれば、さらに人生も楽しくなります。

日 時

第1週 土曜日 15:30~17:00

10/6、11/3、12/1、1/19、2/2、3/2

受講料

会員: 6か月 6回 16,200円(うち消費税額1,200円)

設備費

1,036円

教材費
浮世絵鑑賞教材
1,296円
テーマ

10月「日本の色彩と文化」金・銀・白・黒・紫・青・朱 他
11月「日本の宗教と美術」仏像・涅槃図・建築・庭園 他
12月「中世の美術」絵巻物、水墨画、障壁画、南蛮図屏風
1月「江戸の美術」狩野派、琳派、若冲、南画、円空、木喰
2月「浮世絵の魅力」師宣、春信、歌麿、写楽、北斎、広重、国芳
3月「伝統工芸の魅力」陶磁器(九州各地)、染色(木版摺鍋島更紗)

途中受講

できます

見 学

できます

体 験

できます

ご案内

◆1月は19日(第3土曜)です

初回持参品

筆記用具

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になることがあります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。