[旅行ツアー]追加募集! 石巻に残る伝承「歳三の刀傷の柱」特別観覧も! 新選組リアルさんぽ

★新選組さんぽろご.jpg
新選組リアルさんぽ
仙台・石巻折浜から蝦夷地・鷲ノ木へ
歳三と榎本艦隊の海路をたどる&幕末の箱館細見・歳三の姿を探す旅
[企画]よみうりカルチャー柏 [旅行企画・実施](株)読売旅行

 鳥羽伏見の戦いから転戦を続けた歳三さんがたどり着いた地・仙台。
そして榎本武揚艦隊ともに、石巻折浜(おりのはま)から蝦夷地へ・・・
 その道を、豪華フェリーでたどり、上陸地・森町鷲ノ木浜、函館を目指すツアーです。

追加の特別企画! 石巻で特別観覧が実現! 伝承として残る「歳三の刀傷の柱」
 仙台城を後にし東へと転陣した旧幕府軍一行。榎本武揚さん土方歳三さんたちは、石巻の豪商・毛利屋理兵衛邸を宿舎とします。残念ながらこの建物は現存しておらず、今回の旅ではその跡地を訪問します。毛利邸にまつわる伝承として、この邸宅の2階の柱に歳三さんが刀で傷をつけたとの話が残されています。建物の取り壊しの際、所有者がこの伝承を思い、その柱を現在まで保管をされているそうです。

 この貴重な柱を特別に見学させていただくことが数日前に決定しました。今回、石巻で特別解説をしていただく阿部和夫先生の取り計らいによるものです。またとない特別公開に胸が高まります!(写真は阿部先生のご著書・写真は取り壊される前の毛利邸)

阿部さん著書毛利邸.jpg
★追加募集のお申し込み方法は、本ページの最下段をご覧ください★

[日時]
2022年6月10日(金)~12日(日)2泊3日(うち1泊は船中泊)

[旅行代金]
86,800円(ペア参加・1名あたり)
1泊目・ペア参加フェリーツインルーム(1等室インサイド)+2泊目ツインルーム

88,800円(1名参加)
1泊目・S寝台+2泊目ダブルルーム

★お一人参加で、フェリーの宿泊をS寝台ではなく個室を希望する場合は追加料金で手配を承ります。
★お一人参加の2泊目は広いダブルルームにお一人でご宿泊いただきます。

全食事付き(朝食2・昼食3・夕食2)、太平洋フェリー運賃、貸し切りバス2台、各地での観覧料・ガイド料、イヤホンガイド代など含む




[集合解散]
JR仙台駅集合・JR函館駅または函館空港で解散

※添乗員同行、バスガイドなし、スタッフ同行 ※集合場所までと解散後の交通費は各自負担
※仙台までの新幹線(東京8:08発やまびこ127号10:11仙台着/途中8:14上野8:35大宮)と、
帰りの函館空港(19:20発ANA558便20:50羽田着)の手配も承ります。どちらかでも可
行き新幹線9,500円(通常11,090円)、帰り航空チケット17,370円(スーパーバリュー18,370円)

過去ツアー.jpg土方愛プロフィール写真.jpg

土方愛さん(土方歳三資料館館長)が同行!

「新選組さんぽ」さながらに、楽しい旅をエスコート

「一人参加は不安・・・」。大丈夫です!
お一人様参加・大歓迎のツアーです

 写真は2019年の道南ツアーの様子(碧血碑で)。
大多数がお一人参加でしたが、次第にうちとけて旅の感動を共有しました。
このツアーを通じてお友達になられた方も・・・

★旅の8大ポイント!★
① 榎本艦隊に身を投じた歳三さん。その心持ちに寄り添う「海のさんぽ」。
② 大好評だった「さんぽ6」をなぞりつつ、新要素も満載の旅!
③ 仙台に集結した旧幕府軍。抗戦・恭順に揺れ動く仙台藩など、榎本艦隊が置かれていた状況や歳三さんの行動を学びます。
④ なぜ、榎本武揚たちは箱館を目指したのか? 函館散策では、いつもとは少し違う切り口で、その理由や開港地・箱館の街の
 成り立ちにも迫ります!
⑤ 榎本武揚、星恂太郎、ブリュネ、高松凌雲など、歳三さんとともに戦った仲間たちにもクローズアップ!
⑥ 今回のツアーに合わせ、各地で専門家が同行&特別公開・体験などをお願いしました!

特2 阿部先生アップ.jpg

●東北地方の戊辰戦争研究の大家・阿部和夫先生(石巻市芸術文化振興財団理事長)の特別講座開催
 阿部先生には、毛利邸跡のほか、石巻の歳三さんゆかりの地と出航の地・折浜(おりのはま)へ同行いただきます。


3きたかみ.jpgのサムネイル画像●太平洋フェリー船中(シアターラウンジ貸し切り)で、三陸沖の海を知り尽くした
船長さまによるス ペシャルトークショー開催!





特1 霊鷲院.jpg●霊鷲院(上陸地・鷲の木)で、間宮魁(和田幸之進)著「箱館脱走人名」など、秘蔵資料の特別公開


特3 佐藤先生アップ.jpg

●函館での「さんぽ」に、箱館戦争研究の大家・佐藤智雄さん(市立函館博物館学芸員)同行・解説!
●函館の街を展望できる五稜郭タワーで、佐藤先生による五稜郭攻防戦の「パノラマ解説」
●箱館戦争関係展示の殿堂「市立函館博物館」で、別室での特別観覧! 
 博物館で通常展示されていない資料類のほか、「市立函館
図書館」収蔵の貴重な古写真の観覧も予定
 しています!

⑦ イヤホンガイドで専門家諸氏の解説もクリアーに聞けます

⑧ 盛りだくさんの「ゆかりの地」に加え「美食」も楽しみ!

食1 朝市朝食.JPG食2 五島軒.jpg
●1日目昼食=「いしのまき元気いちば」の海鮮料理!
●2日目昼食(弁当)=豚だけど焼き鳥? 「室蘭やきとり弁当」
●2日目夕食(懇親会)=初代料理長は、旧幕府軍として箱館戦争を戦った五島英吉さん。1879年創業の洋食の名店・五島軒で。(飲み放題)
●3日目朝食=ホテル横の「函館朝市」の十数件の料理店から、自由にお店を選んで朝食。
★海鮮が苦手の方には別料理をご用意します

・・・・・

[ツアー行程・概略]

1日目=11:00 JR仙台駅東口バスロータリー集合・出発=ツアーバス=石巻市内・歳三ゆかりの地=バス=いしのまき元気いちば(昼食)=バス=石巻マルホンまきあーとテラス(東北の戊辰戦争研究の大家・阿部和夫先生特別講座)=バス・マイクロバス=艦隊出航地・折浜=バス=仙台港・太平洋フェリー「きたかみ」乗船19:40出航=ディナーバイキング(夕食)・懇親会 船中泊

2日目=船内朝食バイキング・船長さまの特別トークショー・11:00苫小牧港着・バス乗車=道の駅「みたら室蘭」(昼食・室蘭やきとり弁当)=バス=森町鷲ノ木「霊鷲院」(特別見学)・鷲ノ木上陸地=バス=砂原陣屋跡=バス=函館市内「五島軒」で懇親会(夕食)=バス=ホテル泊「東急ステイ函館朝市」

3日目=函館朝市で選べる朝食・ホテル発バス乗車=四稜郭=バス=市立函館博物館(特別見学)=徒歩=碧血碑=バス下車・徒歩=函館市内ゆかりの地(八幡坂・船魂神社・旧箱館奉行所・ペリー像・旧イギリス領事館開港ミュージアム・新選組屯所跡・丁さ推定地・田本写真館推定地)ここまで徒歩移動のべ2km=ラッキーピエロマリーナ末広店(昼食)=バス=箱館病院推定地=徒歩=称名寺=徒歩=高龍寺「傷心惨目の碑」=バス=「新選組最後の地碑」=徒歩=弁天台場跡=バス=五稜郭(五稜郭タワーで佐藤先生のパノラマ解説→箱館奉行所見学)=バス=中島三郎助親子最後の地=バス=一本木関門=バス=17:50JR函館駅(投東京行き最終新幹線新幹線)・18:20函館空港(羽田行き最終便)・解散

※台風などでフェリー欠航の場合は、新幹線利用の行程に変更しツアーは予定通り開催します

[ご参加にあたっての注意事項]
▽各日とも徒歩の行程があります。歩きやすい服装、履きなれた靴でご参加ください
▽雨天の場合もあります。雨具のご準備をお願いいたします。
▽6月の函館の平均気温=19℃

・・・・・

■本ツアーの新型コロナ感染予防対策などについて■
①本ツアー実施にあたっては、読売旅行の「新型コロナウイルス感染症対策 読売旅行の取り組み」に準じた対策を講じます。
 詳細は読売旅行のページをご確認ください。
 東京都(関東)発 新型コロナウイルス感染予防・対策 読売旅行の取り組み|読売旅行 (yomiuri-ryokou.co.jp)

 ★本ツアーは「新型コロナワクチン2回接種済み」または「検査結果陰性」の方がご参加いただけます
  当日、または事前に証明書類のご提示が必要です。

②「まん延防止等重点措置」などが発出された場合は、ツアーは中止とし、ご旅行代金は全額ご返金いたします。
ツアー日程が「GoToトラベル」事業期間中に該当した場合は、後日差額をお戻しいたします。

・・・・・

▽集合地までの交通手段、ツアー前後の旅行行程をよくご検討の上、お申込みください。
以下、参考時刻を記載します。必ずご自分でお調べください。

<行き・11時までに仙台へ>
・東京圏の方=
 東北新幹線利用 9:08東京(はやぶさ11 途中上野9:02大宮9:21)10:39仙台
・中部圏の方=
 8:00中部国際空港(ANA361)9:10仙台空港
 東海道新幹線※上記のはやぶさ11に乗り継げる新幹線で、東京乗り換え・東北新幹線
・関西圏の方=
 8:00伊丹空港(ANA731)9:10仙台空港
 8:30神戸空港(SKY152)9:50仙台空港
・九州圏の方=
 8:00福岡空港(IBX)9:45仙台空港
・函館の方=
 7:38新函館北斗(はやぶさ14)10:29仙台
・札幌の方=
 8:25新千歳空港(JAL2900)9:35仙台空港

 仙台空港から=仙台空港アクセス線
 10:07→10:35仙台 10:29→10:54仙台

<帰り・函館から>
・東京圏・東北圏の方=
 18:08函館(函館ライナー)18:30新函館北斗/18:40(はやぶさ48 途中21:30仙台22:39大宮22:58上野)
  23:04東京
・東京圏の方=
 19:20函館空港(ANA557)20:50羽田空港
・中京圏の方=
 上記のANA557を使って羽田から品川へ 22:10品川(ひかり669 途中22:57静岡23:17浜松)23:49名古屋
 函館に1泊し、翌日の13:05函館空港(ADO128)14:40中部国際空港
・関西圏の方=当日中に大阪までたどり着くのが難しいです
 上記のANA557を使って東京で1泊する
 函館に1泊し、翌日の13:40函館空港(JAL2124)15:20伊丹空港か 14:10(ANA746)15:50伊丹空港
・九州圏の方=当日中にたどり着くのが難しいです
 函館からの九州方面の直行便がありません。仙台空港か羽田空港を利用する必要があります

▽乗船する太平洋フェリーの船は横揺れ防止装置を装備する大型フェリーです。大きな揺れはなく、快適な船旅をお楽しみいただくことができますが、酔いやすい体質の方は酔い止め薬のご持参をお勧めします。

▽フェリー欠航で行程に変更が生じた場合、旅行代金との差額を負担いただく場合があります。
▽スムーズな行程管理の都合上、バスの座席指定はできません(ペア参加の場合は並び席)

・・・・・

[追加募集・申し込み方法] 
 追加募集は[先着順受付・定員に達し次第募集終了]とさせていただきます。

1)4月24日(日)13時から、お申し込みを受け付けます
2)申し込み方法は[メール]とさせていただきます
3)メール送信していただいた翌日までに、結果をお知らせいたします。
4)
その後、当選者へ読売旅行からご入金案内資料を郵送します。

◆メール送信先
メールの宛先に・・・
ma.matsushita@yomiuri-ryokou.co.jp
(読売旅行テーマ旅行企画グループ「新選組係」担当:松下のメールアドレス)

同じメールのcc.に・・・
dasayama@ync.ne.jp
(よみうりカルチャー朝山のメールアドレス)

cc.とは=宛先へのメールがと同じものが、cc.に入力したアドレスへ同時に送信される

※必ず朝山へのcc.をお忘れにならないようにお願いします。

◆メールにお書きいただく「必要事項」
①お名前 ②ご住所 ③電話番号(携帯番号も) ④ご年齢 ⑤行きの新幹線手配、帰りの羽田便航空券手配を希望するか ⑥旅雑誌「旅行読売」を定期購読しているか 
⑦その他(ご意見ご要望、アレルギーなど特別な配慮が必要かなどのほか、本ツアーへの想いなどを自由にお書きください)

※1申し込みにつき1名さまが原則ですが、ご友人どうしで参加したい場合はペア(2
人まで)の申し込みができます(代表者とお連れ様の2名分の情報を記載ください)


・・・・・

●ツアー内容のおたずね=
 よみうりカルチャー柏04-7164-3151(担当:朝山)

●旅行企画・実施に関するお問い合わせ=
 読売旅行03-6859-4311(テーマ旅行企画グループ・松下)

 気がかりなことなど、何なりとお尋ねください!
皆さまの奮ってのご参加を心からお待ちしています!

ツアーチラシ表面.jpgツアーチラシ裏面.jpg
ツアーチラシ
クリックいただくとPDFファイルで開きます。