■<情報更新>戊辰戦争終結150年・特別企画のお知らせ

④城州伏見下鳥羽合戦之図.jpg④「錦之御旗」伏見戦争之図(伏見奉行所の炎上).jpg

 今年は、戊辰戦争が終わって150年。「新選組のこころ」に触れる4つの特別企画を2月からご用意しています。

みなさま奮ってご参加ください。

※それぞれの講座で申し込み先、申し込み開始日時・方法が異なりますのでご注意ください。 

画像=上「城州伏見下鳥羽合戦之図」、下「『錦之御旗』伏見戦争之図(伏見奉行所の炎上)」 提供:霊山歴史館

――――

[第1弾・現地探訪&トークショー]

新選組子孫と板橋墓参&「ひ孫が語る永倉新八」

講師:杉村 和紀(永倉新八子孫)、ゲスト=宮川清蔵、清志(近藤勇子孫)

4面幕末 永倉新八さしかえ - コピー.jpg4面幕末永倉新八追加 杉村さん - コピー.jpg 鳥羽伏見の戦いで敗れた新選組。官軍が江戸へと迫る中、近藤勇と永倉新八は互いに違う道を歩むこととなりました。その後近藤は、千葉・流山で捕らわれの身となり、東京・板橋で無念のうちに落命、永倉は戊辰戦争後も生を得て、明治9年、板橋に友たちの菩提を弔う供養塔を建てました。

 大正4(1915)年の永倉の死からおよそ100年――。永倉新八子孫と近藤勇子孫と一緒に「二人をつなぐ地」板橋に墓参に出かけます。その後場所を移して、杉村和紀さんのトークショーを行います。

 ゲストとして近藤勇子孫の宮川清蔵・清志さん親子も登場します。



■2月24日(日)11:00 JR板橋駅東口集合

墓参の後各自電車移動13:00~14:30トークショー

[参加費]4,800円(保険料込)

[トークショー会場]よみうりカルチャー川口

[定員・申し込み]50人限定

2/16(土)15:00、電話のみで先着順に受付します

★受付開始日が変更になりました。ご注意ください!

受付先=よみうりカルチャー柏 ☎04・7164・3151

★終了後、杉村さんを囲んでの懇親会「ひ孫と語る永倉新八」も開きます。

新選組子孫と板橋墓参&「ひ孫が語る永倉新八」と同時にお申込みください。

[参加費]3,800円(飲み放題コース)


――――

[第2弾・現地探訪日帰り旅行ツアー]

新選組と井上源三郎・鳥羽伏見の戦いを追って

ツアー 井上さん - コピー.jpg4面幕末京都ツアーさぶ1 - コピー.jpg

①木村武仁 顔写真 - コピー.jpg






講師(写真左から):井上雅雄さん(井上源三郎子孫)、土方愛さん(土方歳三子孫)、木村武仁さん(霊山歴史館学芸課長)


 新選組隊士たちの心に触れる旅です。今回の主役は、6番隊隊長で、草創期から近藤勇・土方歳三を支え続けた井上源三郎です。源三郎と歳三の子孫と一緒に、新選組の拠りどころだった黒谷・金戒光明寺をスタートし、鳥羽伏見を中心とした源三郎奮戦の地をたどります。また、研究者の目線から木村武仁さん(霊山歴史館学芸課長)がナビゲーターとして同行します。

★ツアーのポイント!

▽子孫2人と一線の研究者、3人の講師が同行! こんな機会はめったにありません!

▽今回ならではの特別拝観をお願いしています!

 黒谷=御前試合をした大方丈前庭や、容保公の書などを特別見学

 妙教寺=本堂に残る弾痕、貫いた砲弾や小銃弾を間近に特別見学

▽創業250年、伏見奉行所攻防戦で被弾した建物で現在も営業する高級料亭「魚三楼(うおさぶろう)」で美食会席の昼食

▽全行程貸し切りバス利用、さらにイヤホンガイド付きで講師の解説もバッチリ聞けます

▽懇親会「池田屋事件ふたたび」も開きます(別料金)

▽ちょうど桜の季節、存分に春の京都をお楽しみください

 ★少し高額な参加費ですが、きっとご満足いただけることと思います!


■3月29日(金)と 30日(土)

9:30京都駅集合 18:00ごろ解散予定[両日とも同行程です]

[旅行代金]23,500円(昼食付・貸切バス代・拝観料・イヤホンガイド代含む)

[定員・申し込み]44人限定(2日間で計88人)

2/25(月)10:30、電話のみで先着順に受付します

受付先=読売旅行大手町営業所 ☎03・6202・4350

★29日の夜、3人の講師も参加して「池田屋事件ふたたび」(別料金)も開きます。

――――

[第3弾・月1回の連続講座]

書簡から読み解く人間像 土方歳三の文書(もんじょ)を読む

土方歳三肖像.jpg
講師:小島資料館館長 小島政孝

小島先生.jpg









 新選組で副長を務めた土方歳三。函館に至るまで「義」と「誠」を貫きとおした人生に、150年の時を経た今でも多くのファンが心を寄せています。本講座は、歳三が書いた文章を資料に、これを読み解いて、土方歳三の魅力を探ろうという講座です。小島資料館の館長で、新選組研究の一線に立つ小島政孝先生を講師に迎えます。

[毎回のテーマ・予定]

4/11=「青年時代」 5/9=上洛について 6/13=女性にもてた歳三

7/11=文久4年2月 8/8=池田屋事件とその後 9/12=掛け軸を読む


写真提供:土方歳三資料館



■月1回(第2週木曜)15:00~16:30 

[受講料]6か月6回分17,496円  4/11スタート

[定員・会場・申し込み先]30人限定

よみうりカルチャー横浜 ☎045・465・2010

2/20(水)10:00電話またはホームページで受付開始



――――

[第4弾・月1回の連続講座]

幕末小説輪読会 子孫と学ぶ・近藤勇のこころ

講師 宮川 清志 (近藤勇6代目子孫)
子孫と学ぶ近藤勇1.jpg●宮川さんからのメッセージ

 幕末から長い年月がたった今でも、新選組を愛してくださるファンがたくさんいます。子孫としてお礼申し上げるとともに、義と誠を貫き生き切った勇さんを誇らしくも思います。

 今回、初めて定期的に講座を担当させていただくことになりました。私は一介のサラリーマンで研究家ではありませんが、私も皆さんに負けないくらい「勇ファン」。私ならではの楽しい講座が作れるかもと思い、引き受けました。

 講座では、勇が主人公の歴史小説を皆さんで読み進め、勇の人生とその時折の心情に寄り添っていきたいと思います。「私はこう思う」という風に自由に意見を交換し、参加者一人一人の心にある「勇像」を尊重しあいながら、楽しく語り合いたいと思います。 
 ※輪読する小説は「近藤勇白書」(池波正太郎・作)を予定しています。

■月1回(第2週日曜)12:30~14:00 4/14スタート

[受講料]6か月6回分16,848円

[定員・会場・申し込み]20人限定

よみうりカルチャー柏 ☎04・7164・3151

2/20(水)10:30電話またはホームページで受付開始