講座コード:202110-18011830 2021年8月28日 更新

公開

作家が語る

スポーツを「観る・読む・書く」楽しさ

作家平山 讓

 スポーツは生きがいをくれます。それはスポーツを「やる」選手だけにとどまりません。「観る・読む・書く」という、人生を豊かにしてくれる文化的な楽しみもスポーツにはあります。
 スポーツ記者から作家へと転身し、スポーツを題材とする作品を数多く出版してきた平山讓。映画化やドラマ化で人気を博した作品も、スポーツの現場を取材することから誕生しました。

【講師略歴】平山 譲
阪神淡路大震災から復興する街と人々を描いた著書『ありがとう』(講談社)が映画化されベストセラーに。『ファイブ』(幻冬舎)がNHKにてドラマ化された他、『サッカーボールの音が聞こえる』、『4アウト』(新潮社)、『還暦少年』、『片翼チャンピオン』(講談社)、『魂の箱』、『リカバリーショット』(幻冬舎)、『灰とダイヤモンド』、『野球からの贈りもの』(PHP研究所)など著書多数。
 その28年間の活動を様々な選手たちとのエピソードをまじえて振り返りつつ、スポーツの面白さや、それを書き伝える魅力について楽しくお話します。スポーツがもっと観たくなるオススメの3冊や、秋から始まる「心に伝わる文章講座」のミニ体験なども。
日時 10/3 日曜日
 13:00~14:30

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料 会員  1回 3,300円(うち消費税額300円)
一般  1回 3,850円(うち消費税額350円)
維持費 374円
初回持参品 筆記用具
講師ホームページ http://y-hirayama.com/

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や維持費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。