切らずに作る作り帯(名古屋)  公開

講座コード:
201904-18138510

2019年5月18日 更新

講師名

和裁士、着物コンサルタント1級 大橋 文子

内 容

 お手持ちの帯を切らずに、二重太鼓や名古屋帯の作り帯に仕立てます。
糸を切ると元の長い帯に戻ります。
簡単なお直しのコツなどの和裁のアドバイスも受けられます。

日 時

5/30 木曜日

第5週 木曜日 10:00~13:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の8日前までとなります。

受講料

会員: 1回 3,456円(うち消費税額256円) 一般: 1回 3,780円(うち消費税額280円)

設備費

151円

ご案内

3時間で一種類の帯を作ります。

初回持参品

名古屋帯1本(4メートル以下)、
裁縫用具(マチ針5~6本、木綿針3-4又は絹針4-3、帯の色に合った絹糸)
ペンチ(100円ショップで売っているもので可)
衿止め(たたんでいく帯をはさむ為)大4~5個 (大きい目玉クリップでも代用可)
幅3~3.5㎝×長さ70~75㎝前後の帯の色に合った紐を2枚(無い方は講師より購入も可。白色1組200円)
筆記用具

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。