~都内最大級の古墳群~

田園調布古墳群めぐり  公開 野外

講座コード:
201910-18010048

2019年9月6日 更新

講師名

大田区立郷土博物館学芸員 斎藤  あや

内 容
講座写真1
講座写真2

百舌鳥・古市古墳群のユネスコ世界文化遺産登録決定の報を受けて、一段と古墳に注目が集まっています。都内にも700基以上の古墳があるのをご存知ですか。高級住宅街として知られる大田区田園調布から世田谷区の多摩川流域には、大小約50基の古墳が並び、都内でも有数の密集地です。
多摩川台公園の古墳展示室内には、巨大な実物大の墓や埴輪、副葬品のレプリカが展示されています。公園内には、都内でも2番目に大きな亀甲山古墳のほか、多摩川台古墳群を挟んで、上流には多摩川流域最古級の前方後円墳、宝萊山古墳があります。
都市化の波を乗り越えて、往事の姿をとどめている貴重な古墳群を、考古学専門の博物館学芸員が案内します。歴史的遺産を学んで地元への愛着を深める機会にしてみませんか。

日 時

10/24 木曜日

10:30~12:00

ホームページからのお申し込みは、受講日の6日前までとなります。

受講料

会員: 1回 1,320円(うち消費税額120円) 一般: 1回 1,320円(うち消費税額120円)

教材費
教材費
200円
保険料

100円

初回持参品

動きやすい服装でお越しください

※ご希望の受講方法から、会員登録手続きへお進みください。

※残席状況は、受講申込手続き中に変動する場合があります。

※受講料や設備費、教材費等は消費税込みの金額です。

※開講できない場合や、日程、内容が変更になる場合があります。

※公開講座以外は入会金が必要です。

※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。

※2019年10月1日以降に実施する講座については、改定後の消費税率10%が適用されます。